アジャイルコーチに聞く!
アジャイルお悩み相談室

弊社のアジャイルコーチが
アジャイルに関するお悩みを解決します。

4863536_l.jpg

Q.

私はスクラムマスターです。スクラムイベントに積極的でないメンバーがいるのですが、どう促すと良いでしょうか?

A.

「スクラムイベントに積極的でないメンバーがいる」と判断した理由によって対処が変わってきます。

理由と対処の例を以下に列挙します。

①イベント趣旨や参加の仕方を単に知らない

→スクラムやアジャイル開発に関するレクチャを行う

②心理的安全性が確保されていなくて参加しずらい

→ワーキングアグリーメントをメンバー全員でつくる

③特定の人が話しすぎることによる会話に参加しづらい

→ワーキングアグリーメントを決める

→話しすぎる人に対して個別にコーチングする

④対象の人がグループワークが苦手で会話に参加しづらい

→ファシリテーションの工夫によって均等に話せるようにする

例)考える時間と発言の時間を分ける

チェックイン・チェックアウトで参加のハードルを下げる

⑤スクラムが嫌い、もしくはスクラムに疑いの目を持っている

→スクラムマスターが困りごとを個別に1on1を行い、信頼関係づくりからはじめる。スクラムをやってもらう前に、その人の関心事や困りごとを聞いて、抱えている問題を一緒に解決するような動きをするとうまくいく場合が多い

⑥SMとして積極的でないメンバーの内面状況が全く予想できない

→スクラムマスターが困りごとを個別に1on1を行い、信頼関係づくりからはじめる

スクラムマスターとしては「積極的でない」=「非協力的でダメなやつ・向いていない」というような決めつけをせずに、そうなっている理由を推測しながら真因を探り、それに応じた対処を行っていく必要があります。