検索
  • 岡島幸男

アジャイルベンダーの未来

ディレクターの岡島です。


6月17日と18日に行われた Scrum Fest Osaka 2022 の金沢トラックにて、昨年同様オンライン登壇させていただきました。


タイトルは「アジャイルベンダーの未来」ということで、我ながら大ぶろしきを広げたものだと思います。「アジャイルベンダー」という定まった定義はない(検索してもほとんどマッチしない)ので、この際言い切っちゃえ、という気概で臨みました。


内容としては、ここ数年、永和システムマネジメント/Agile Studio が何をやってきて何を学んだのかの総括と、未来に向けた問題意識であり提言です。


アジャイルな開発パートナーとして


アジャイル開発が普及し、DXとアジャイル開発との結びつきが強まるにつれ、お客様と私たちの関係が、従来の請負を前提とする受発注関係から、開発パートナーとしての共創関係に変わってきていることを実感しています。

この変化は一朝一夕なものではなく、お互いがアジャイルについて学びながら少しずつ上手になっていく、パートナーシップによる旅(ジャーニー)です。



当然ながらこのジャーニーを通じて、お客様にはビジネス上の成果を得ていただかないと意味がありません。そのために、私たちベンダーはその存在意義である技術の獲得を組織的に続けていく必要があります。私たちもいろいろ試行錯誤しながら、新しい技術を広め学びあう文化作りを続けております。



また、ベンダーとして成長するには、私たちとパートナーになっていただけるお客様にまずは知っていただく必要があります。そのために、私たちはマーケティング活動に力を入れ、皆様からいただいた質問や要望等の分析を元に継続的に改善を進めています。皆様から頂いた生の声というお宝を、よりよいサービスや情報発信の源にしていきたく、今後ともフィードバックをお願いいたします。



アジャイルベンダーに向けて


私は今回、アジャイルベンダーを以下のように定義しました。

  1. アジャイルなマインドセットと独自の強み(技術力やサービス、プロダクト)で、顧客に、びっくりするような変革をもたらす

  2. 開発力だけでなく、変革力を売る

  3. 組織的な、技術獲得・転換、マーケティング能力がパワーの源泉

これが今の Agile Studioである!とまでは言えませんが、アジャイルベンダーに向けて進化させていきたいと私は考えています。

今の Agile Studio の強みの一つは内製化支援ですが、これを今後も突き詰めて、より良いサービスにアップデートしていきます。そしてもちろん、これとは別の強みを活かしたサービスにも取り組んでいきますので、今後とも永和システムマネジメント/Agile Studio に注目ください。


発表のまとめでも言わせていただいたのですが、「アジャイルさ」は、私たちのようなベンダーからお客様にも浸透させられる特性であり、誰もが様々な場を通して学ぶことで切磋琢磨できます。今後も、ウェビナーなどのイベントを通じて、学びあえる場をご提供していきますので、こちらもご期待ください。


※スライドの全体はこちらから見ることができます。












閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示