検索
  • 平鍋健児

アジャイルをスケールするフレームワーク徹底比較 - Part 1

最終更新: 8月25日

この記事は、Arnab Gupta さんの記事 "The Ever-expanding Agile landscape as of 2020" をもとにしたものです。


Agile はその定義上、変化することが自然であるはずです。しかし、アジャイル宣言は未だ変わらずにその精神を伝えていますが、発表以降すでに20年が経とうとしているのです。ここでは、

  1. アジャイルのコンセプトのアップデート

  2. アジャイルをスケールさせるフレームワーク、企業フレームワーク

  3. さらにビジネスやマネジメントやリーダーシップへの展開

など、2020年の Land Scape を紹介したいと思います(ふんだんに情報サイトへのリンクを入れていきます)。


アジャイルコンセプトのアップデート

アジャイルのコンセプトを現代的に再定義しようという試みです。

  • Agile Japan 2017 で日本に来た Joshua Kerievsky は Modern Agile というコンセプトで現代的にアジャイル再定義を提案、紹介しました(その時のスライド)。この時はじめて、僕はアジャイルの再定義の可能性(必要性、もしかしたら不必要性)を感じました。

  • 遡ってみると、宣言著者の一人である Alistair Cockburnも Heart of Agile というコンセプトでよりシンプルに、アジャイルを再提示しています。Alistair は欧州を中心に精力的に講演・ワークショップ活動を行っているようです(彼の facebook/twitter 情報より)。

  • さらに前に、やはりアジャイル宣言著者の一人であり、日本でもファンの多い"Pragmatic Programmers"「達人プログラマ」の著者でもある Andy Hunt が GROWS を提唱していますし、

  • "Agile Retrospective" 邦訳「アジャイル・レトロスペクティブズ」 の著者 Diana Larsen と "The Art of Agile Development" 邦訳「アート・オブ・アジャイルデベロップメント」の James Shore が Agile Fluency Model を以前に提示していました。

  • 最近では、Gabrielel Benefield が Mobius Loop で、より探索発見過程も含めたループを描いて日本でも研修をしています(ayumi_h さんの参加ブログ)。


アジャイルをスケールさせる

一方で、アジャイル開発をスケーラブルにするフレームワーク、大規模、エンタープライズアジャイルフレームワークも提案されています。

  • 実用的にアジャイルをスケールさせる手法として Craig Larman と Bas Voddeが LeSS

  • 大企業向けにエンタープライズアジャイルフレームワークとして Dean Leffingwell が SAFe が提案し、

  • スクラムのオリジネーターの二人、Ken Schwaber が Nexus

  • Jeff Sutherland が Scrum@Scale を、それぞれスケールフレームワークとして提示しました。(それぞれについて詳しくは次回に)

ビジネス、マネジメント、リーダーシップ

さらに、ビジネス全体やマネジメント手法、企業内教育、そしてリーダーシップ論にも変化は及んでいます。

  • PM領域では PMI が2019年、Scott Ambler の DAD を統合してDisciplined Agile を再提示しています。大きなコミュニティを母体にして広まっていくかもしれません。

  • また、ずいぶん前(2010くらい)に、ICAgile というアジャイル認定コンソーシアムが Alistair を擁して立ち上がり、アジャイルを広く捉えて各知識・技術領域の定義とそれぞれの教育コンテンツの認定(教育機関と内容の認定)を行い始めました。今は、ICAgile Consortium となっています。

  • 新しいマネジメントの考え方として、Regional Scrum Gathering Tokyo 2013 に来日登壇した Jurgen Appelo による Management 3.0 も日本でもよく知られるようになり、今年は日本初のカンファンレンスも開催されるようです。

  • Business Agility Institute ではソフトウェア開発から発展して、Agile HR, Agile Financing, Sales, Marketing など企業のビジネスオペレーション全体に渡ってのアジャイルの事例が紹介されています。

  • 最後に、XP, Scrum に並んでアジャイル宣言の元になった英国発の手法である DSDM は、Agile Business Consortium となり活動を続けています。


今回はここまでとして、もう少し次回掘り下げたいと思います。


4,161回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • アジャイル動画

 お電話でのお問い合わせはこちら

0776-25-8488

平日10:00~17:00まで。セールス目的のお電話はご遠慮ください。 

メールでのお問い合わせはこちら

agile-studio@esm.co.jp 

永和システムマネジメント

​株式会社永和システムマネジメント​

 〒918-8231 福井県福井市問屋町3丁目111番地
 

© 2020 ESM, Inc.