Scrum Inc. 認定スクラムマスター研修

scruminc_x_esminc_eyecatch.png

​概要

Scrum Inc.認定スクラムマスター研修はスクラムの共同考案者であるJeff Sutherland博士によってつくられました。世界中のビジネスの現場でハイパフォーマンスなスクラムチームを立ち上げてきた博士の洞察や戦略を、このコースの受講者は自分のものにすることができます。

この2日間のコースは、体験型のワークショップを含んでいます。さまざまなゲームやエクササイズを通して、スクラムマスターの役割を体感することができます。インストラクターの助けを得ながら、チームでプロダクトバックログを作成したり、優先順位付け、バーンダウンチャートの管理をします。

このコースが終わるころには、スクラムを自分の現場に持ち帰り実践していくためのヒントと勇気を得ることができます。
 

LSM-Badge.png

2022年2月3日(木)・4日(金) 開催 / 3月17日(木)・18日(金) 開催

2022年2月3日(木)・4日(金)
Scrum Inc.認定スクラムマスター研修

お申し込みを締め切りました

2022年3月17日(木)・18日(金)
Scrum Inc.認定スクラムマスター研修

※お申し込みフォームが表示されない場合は、大変お手数ですが、事務局までご連絡ください。
 問い合わせ先メールアドレス:agile-training@esm.co.jp

インストラクター

amano.jpg
kinoshita.jpg
saito.jpg

永和システムマネジメント アジャイルコーチ

天野 勝

2001年に、エクストリームプログラミング(XP)を実践したときに、最も驚いたことは「アジャイル開発をすると、自分の居場所ができる」ということです。日々発生する問題を協力しながら解決することで、一体感と信頼感を得られるのです。
以前は、上からの作業指示をもとに、個人で作業をしていました。問題があって想定以上の時間がかかった場合、その問題が解決できないのは、指示されて作業をする側の責任という状況でした。問題が解決できないと、一緒に働いている他の人に迷惑をかけてしまうので、居心地の悪さを感じていました。
アジャイル開発ではチームで協力することが前提ですので、問題がある方が一体感が増すという体験をしました。

システム開発に関わらず、チームで仕事をしている方々の居場所を作るお手伝いができればと思って、研修やコーチングをしています。

永和システムマネジメント アジャイルコーチ

​木下 史彦

2005年頃からアジャイル開発を現場で実践してきました。その中で人のチカラを最大限に活かし、自分たちのやり方を自分たちで考えて工夫していけるということこそがアジャイル開発の最大の魅力だと気づきました。
現在は「まっとうなアジャイル」の実践を通じて人や組織をいきいきとさせることを目標に日々コンサルティング、コーチング活動に従事しています。

Scrum Inc. Japan アジャイルコーチ

​齋藤 崇

2006 年より永和システムマネジメントに勤務。
アジャイル開発手法の導入により、ビジネス側とエンジニア側が一体となって
事業に取り組む姿を目の当たりにし、感銘を受ける。こういった現場が少しでも増えるよう、
現職ではプロジェクトファシリテーション/チームファシリテーションやアジャイル手法の導入をサポートしている。

ST-Badge.png
申し込み手続きの流れ
  1. 申し込みフォームより、必要事項を入力の上エントリーください。

    • お申し込みいただいた方には 2営業日以内に「受付完了メール」をお送りします。

    • 複数の受講者を一括でお申し込みいただくことはできません。お手数ですが受講者ごとにお申し込みください。

  2. 参加が確定された方については、登録メールアドレス宛に請求書PDFをお送りいたします。

  3. 指定期日まで(原則、請求書発行から1週間以内)に受講料をお振り込みください。

    • お支払方法は銀行振り込みとなります。振込手数料はご負担ください。

    • 指定期日までにお支払いが確認できない場合は自動的にキャンセル扱いとなります。

    • 請求書等の紙媒体の郵送が必要な場合、もしくは口座登録などで押印付き書類作成が必要となる場合(郵送の如何に関わりません)は、別途事務手数料として、1件あたり11,000円(消費税10%込み)を頂戴いたしますのでご了承ください。

  4. 参加費をお振込みいただきました方に、参加についてのご案内をいたします。 セミナー開催の1週間前を過ぎましたら、ご登録メールアドレス宛に、当日のご案内が送信されます。
     

キャンセルポリシー

お支払い完了後のキャンセルや返金はお受けいたしかねます。ご自身が参加できない場合代理の方にご参加いただいて構いません。受講者を入れ替える場合は事務局までEメールにてご連絡ください。

参加にあたって必要な環境

研修受講にあたり以下の環境が必要になります。

  • パソコン

    • 文字入力が支障なく行えること

    • マイク、カメラが使えること

  • Zoomアプリのインストール

    • バーチャルクラスで利用するBreakout Room機能が利用できないため、ブラウザからはご利用いただけません。

  • Chrome のインストール

    • IE(Internet Explorer)ではスムーズに受講できないためお断りさせていただいております。​

  • Zoom、Mural にアクセスできること

    • アクセス制限のない環境からアクセスしてください。

オンライン研修参加に必要となるインターネット接続料金、通信料金はお客さまのご負担となります。