scruminc_x_esminc_eyecatch.png

永和システムマネジメントは Scrum Inc. 認定スクラムマスター研修の提供を開始します。

弊社では2019年より Scrum Inc. Japan とともに Scrum Inc. 認定スクラムマスター研修を提供してきました。

2021年10月からはこれを発展させ、当社の独自コンテンツを盛り込んだ形で提供していきます。
 

なぜやるのか?

Scrum Inc. 認定スクラムマスター研修はスクラムの創始者のひとりである Jeff  Sutherland 博士が開発したトレーニングで、世界各国で共通の教材を使い、最新のスクラムの知識を提供していることが特徴です。

一方、2年以上にわたり Scrum Inc. 認定スクラムマスター研修を日本で提供してきた中で、日本でもスクラムの導入が進み、受講者の方のレベルも上がってきました。そんな中で受講者の方からよくお受けする質問は「契約の問題」「品質の問題」「受発注を前提とした計画の問題」「法規制の問題」など、今、日本の現場が抱える問題に直結したものです。

私たちは20年近くにわたり日本の現場でアジャイルソフトウェア開発を実践する中で、これらの問題に対する独自の答えを見出してきました。

私たちはScrum Inc.が提供する世界標準のスクラムの教材に、私たちが日本でアジャイルソフトウェア開発を実践する中で得た現場の知恵を加えることにより、これから日本のソフトウェア開発現場を変えていこうとしているリーダーや実践者の悩みに一緒に向き合い、次の一歩を踏み出すきっかけになるような研修を提供していきたいと考えています。


本研修の特徴

  • 永和システムマネジメント独自のコンテンツを組み込んでいます。

  • 現場で現役で活躍するエンジニアが弊社の事例を紹介します。

  • 20名の受講者に対して7名のトレーナー(現役のコーチ、エンジニア)が手厚くフォローします。

  • 講師はScrum Inc.本社からトレーナーとしてのトレーニングを受けています。

  • 日本の現場で起こっているさまざまな課題(契約・品質・計画・コンプライアンス)についてのご相談も可能です。

  • サプライズゲストによる講演があります。

  • 弊社主催の本研修受講者限定フォローアップセミナーを無料で受講いただくことができます(後日ご案内)。

本研修の対象者

日本のソフトウェア開発の現場でスクラムを実践していこうと考えている経営者・リーダー・開発者

  • 自分たちのチームや組織をよりよくしたいと本気で考えている方でしたら、役職は問いません。

  • スクラムの適用はソフトウェア開発以外にも広がっていますが、弊社はソフトウェア開発の現場でスクラムを実践してきました。研修の内容をより効果的にするため当面はソフトウェア開発の文脈にフォーカスします。

エンドースメント

Scrum Inc. Japanを設立する前から、永和システムマネジメントとともに、Scrum Inc.のトレーニングコースを日本で提供するために協力してきました。
永和システムマネジメントは、日本でアジャイルソフトウェア開発の先駆者としてリードしてきた多くの経験と知見を持っています。これを、Scrumの共同考案者であるJeff Sutherland博士によって設計された、グローバル標準のScrumトレーニングと組み合わせれば、日本のデジタルトランスフォーメーションを加速させるための鍵となるトレーニングコースになるでしょう。

荒本 実  CEO, Scrum Inc. Japan

Scrum Inc.はScrumの世界的権威であり、スクラムトレーニング、コーチングのプレミアムサービスを提供し、数百の組織をの生産性を圧倒的に向上させました。日本では、ESM/KDDI と共同で日本でのアジャイル教育とコーチングを提供してきました。
平鍋社長とESMは、アジャイルのエキスパートとして開発技術からチームづくり、製品開発からサービス開発までの支援をコミットしています。スクラムを活用し、製品開発を加速すると同時に、クオリティと顧客満足を追求する活動をされることでしょう。

Jeff Sutherland Co-creator of Scrum
JJ Sutherland CEO, scrum inc.
Avi Schneier Fuku-shacho, scrum inc.